川崎で開業する税理士長谷川晃一のブログ

サッカー観戦や日常の出来事を中心にアップしていきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
明日は我が身
 

 日韓ワールドカップの代表であった松田直樹選手が34歳の若さで亡くなるという衝撃的な出来事ガーンがありました。

 それも急性心筋梗塞で!

 毎日体を動かしている人で、しかもこのところは特に暑かったわけでもなく、また松本という、私のイメージとしては避暑地で夏を過ごしやすいところだけに本当に信じられないです。

 川崎に来た山瀬選手とともに、去年まさかという戦力外通告を受け、そういう心労とかもあったのでしょうかね。

 松田選手というとまさに「ミスターマリノス」という存在でした。

 若い時から体がしっかりしていて当りの激しいプレーと、豊富な運動量で積極的に前線に上がっていって得点に絡んでいたイメージがあります。

 2002年のワールドカップ直後に東戸塚の練習場に行き、サインをもらったこともあります。

 本当に信じられませんが、心からのご冥福をお祈りします。

2002年にサインをもらったことを思い出す税理士の長谷川晃一

| 川崎フロンターレ | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
今シーズンも終わりですね
  先週、友人と浦和戦をみましたが、その前の試合などでも知り合いに席を取ってもらったりしたのだけど、前年からめっきりスタジアムに行く回数が減ってしまいました。

 この日の試合は開始数十秒で点が入ったものの後半は防戦一方でなんとか1−1のドローでした。

 浦和もまったく優勝争いに絡めなかったのですが、戦力外のポンテを中心に良い戦いをしていた印象を受けました。あまりにも極端に若手にシフトしすぎてうまくいかなかったのではと思います。また、監督の変わる来年以降は良くなってくるのかなと印象を受けました。

 今年のフロンターレは途中で選手が抜けたこともあり、以前からホームでは強かったのだけど、最後のほうはナビスコ・天皇杯も含め連敗が続き、大きく順位を落としました。監督も今年限りとなり厳しいシーズンでしたね。

 攻撃力が落ちてきている中で肝心の守備が崩壊では、来年以降は優勝争いが見れないのかな〜

 他のチームも来年の契約を結ばない選手が着々と発表されつつあり、シーズンが終わる前の発表というのはどうなんだろうという感じですね。山瀬選手に関しては去年ぐらい日本代表でそれなりに試合に出ていただけに非常にびっくりですね。川崎もこれからだと思いますが、チーム力も落ちている状況なので思いきったテコ入れがあるのではないかと思っています。

 まあ去年の稲本選手みたいにビックネームの獲得を期待しています。

めっきりスタジアムに行く回数が減った税理士の長谷川晃一

 

| 川崎フロンターレ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ビックニュース

 川崎の新体制発表後にビックニュースの発表がありました。

 アーセナルを皮切りに海外を渡り歩いてきたビックネームのワールドカップ日本代表MF稲本潤一選手のレンヌからの移籍が決定しました。

 最近試合に出ていないようなので、衰えがあるのかもしれませんが環境を変え輝いてほしいです。

 それにしてもフロンターレは選手を育てるタイプのチームと思っていましたが、今回は移籍金もかかりそうですし、思い切ったことをしましたね。

 いずれにしてもフロンターレは中盤の層もかなり厚くなりました。DFの補給が足りない気がしますが、本気で優勝を狙いに行ってほしいですね。

 ことしこそ

今からサインが楽しみな税理士の長谷川晃一 

| 川崎フロンターレ | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
またしても優勝ならず

 最終戦に強いフロンターレだが、年間の結果は2003、2005、2006、2008シーズンと悔しい思いをしてきたけど、今回も残念でした。去年は逆に滑り込んでの2位だったのでしょうがないですが、今年はお互いの相手を見てチャンスだと思っていたのに非常に残念です。

 浦和はもう少しやると思ったのですが、今年を象徴する0−1負けでしたね。

 さて、試合の内容ですが、家本と並ぶ恐怖の2凶レフリーの西村さんが試合を壊しかけましたね。今回は珍しく相手にかわいそうな内容でした。お互いのPKは客観的に見て理解不能でしたが、前半の流れがフロンターレに来てそれが結果的に勝利に結びつきました。

 柏が2人退場になったにも関わらず、終盤はフロンターレらしからぬ守りに入ってバタバタしていました。自力優勝がなかっただけに最後まで攻めの姿勢を貫いてほしかったです。こういう姿勢が相手に伝わってしまったのかなと。それにしても小林は何回フロンターレ戦で退場になっているのか3回は記憶にあるが…

 いずれにしても、鹿島の勝負強さが光ったですね。おめでとうございます。フロンターレは残り天皇杯ベスト8なのでこちらのタイトルを獲ります。

今年はいけると思っていた税理士の長谷川晃一 

 

 

 

| 川崎フロンターレ | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
大分戦完敗、首位転落
  昨日の大分戦は完敗でしたね。1−0以上の内容差がありました。

 大分はこれで8戦無敗と内容も伴っていますね。とても降格とは信じられない内容でした。

 昨日は無理やりけがをしている中村憲剛選手を出したのが失敗だなと思っています。本調子には程遠い内容だったのはテレビの解説がなくても明らかだったので、けがの悪化の可能性もある状態で使いつづけたのは残念です。

 森も久々の登場だったのですが、ゲームに入りきれていない時点でのミスからの失点で非常に残念です。

 監督も含め首位のプレッシャーってやつなんですかね。

 次節は鹿島対G大阪戦があるので他力本願ですが、もちろん大阪に期待しております。引き分けでも悪くない結果だと思います。

 川崎も後2節、水曜に試合もないのでしっかり休んで、きっちり勝ち切ってほしいですね。もう鹿島の優勝は飽きたよ。

大分戦の試合内容にがっかりした税理士の長谷川晃一 

 

 

 

| 川崎フロンターレ | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ジェフ千葉さようなら

 Jリーグ10チームに最初から加盟し唯一2部リーグ経験のないジェフ千葉・市原が2部に降格決定しました。理論的には残留の可能性があるものの、ほとんど降格決定している状態で楽な試合となるかなと先週までは思っていましたが、ナビスコの敗戦かつその後態度が悪いとのことでたたかれたこともあり、ナーバスな試合になるのではと感じていたのが現実となってしまいました。

 終了2分前で追いつかれ、痛いなと思っていたところなんとか最後にはロスタイムに加点し、劇的に勝利することが出来ました。2点取られても3点取って勝つという、なんともフロンターレらしい試合ですが優勝にまた一歩前進しました。

終了後は千葉の様子をずっと見ていましたが、がっくりきている様子をカメラマンが「パシャパシャ」写していましたが、サポーターの立場だと不愉快ですね。

フロンターレサボは千葉に対しての態度は普通でしたので良かったと思います。2000年に降格した時の柏の態度はひどかったですからね。石崎さんになってからの柏は良くなりましたが。 

 ここにきて突如鹿島が復活しましたが、G大阪との1戦を残しているので、かなりチャンスです。

 次回は降格後のほうが調子が良い大分相手ですが、気を抜くことなく突っ走ってほしいものです。

後ホーム1試合新潟戦も観戦予定の税理士の長谷川晃一     

| 川崎フロンターレ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
首位浮上!

 大宮にPK2本はずしたものの、3−2で勝利し、残り5試合の時点で単独首位に浮上しました。

 昨日は友人たちと埼玉スタジアムでみていましたが、アッパーデッキという上部の初めて入るエリアでした。この日はなんと4万人を超える集客で驚きました。川崎はアウエーにもかかわらず、相変わらずたくさん来ていましたね。

 ここは大きい会場にもかかわらず非常に見やすいですね。やはり陸上のトラックがあるのとないのとでは大違いですね。また、浦和戦と大宮戦ではエリアが逆になっているのに気がつきました。

 試合はフロンターレペースでしたが、2本のPKをはずしてしまい、ロスタイムで逆にPKで追いつかれるという一瞬いやな展開でしたが、そのロスタイムの失点後すぐにテセのスーパーボレーで得点したのが大きかったです。

 ちなみにこの日の3ゴールはすべて素晴らしいものでしたが、PKを決めていれば得失点が広がったと思いますが、なかなかそこまでは余裕がないですね。

 いずれにしても、この日勝利で4位から首位に浮上しました。この勝利の時点では暫定でしたが、首位だった清水がダントツ最下位大分に敗れる波乱があり、優勝争いはますます面白くなってきましたね。

川崎は広島、新潟と上位チームとの対戦を残しているので油断なりませんがのこり5戦全勝で初優勝決めてほしいですね。

埼スタで観戦した税理士の長谷川晃一 

 

| 川崎フロンターレ | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ACL名古屋戦(アウェー)
  昨日名古屋ホームで行われたゲームをテレビで見ていましたが、雨と連戦の疲れもあって中盤が間延びしてしまってひどい内容でしたね。終了間際のケネディによる失点で3−1敗戦し、トーナメント敗退が決まってしまいました。

 さすがに9月の7連戦でしかも鹿島・浦和・G大阪などすべて強豪では、かなり厳しかったですね。来週には残り16分のために鹿島に行きますし週2ペースがずっと続いていますね。

 リーグ戦のほうも気がつくと、鹿島と同様フロンターレも足踏みしてしまって、6位になっているんですよね。やはり、試合数の多さはプレーに影響するんですね。混戦になってきているし、清水もこのまま最後まで行くとは思えないので、なんとか最後まであきらめず粘ってほしいですね。

 名古屋は次はサウジアラビアですね。移動などかなり大変だと思いますががんばってください。3年連続Jリーグ勢がアジアチャンピオンになることを期待しています。

昨日の試合にはがっかりした税理士の長谷川晃一 

 

 

| 川崎フロンターレ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ACL名古屋戦
  昨日、ひさびさにデーゲーム試合を見に行きました。アジアチャンピオンズリーグのクォーターファイナル名古屋戦です。スーパー陸上で等々力が使用されているため国立競技場になりました。ちなみにこちらの会場で行われるナビスコ決勝は券確保済みです。自由席なので相当並びそうですが。

 国際試合といってもおなじみの相手なのですが、日本チーム同士のつぶしあいが残念と思いつつも、移動のことを考えたら楽なのかなと思います。まあ、今回クリアしたら、次はウズベキスタンorサウジアラビアのチームなので移動は免れないですね。出来ればウズベキスタンのほうが良いですね。2年前のセパハンとの試合後はヘロヘロでしたからね。

 さて、試合のほうは楢崎不在のもと、代わりに入った相手キーパーがことごとく1対1を止めるなか、先に失点してしまい「う〜ん」という感じでしたが、中村選手の狭いところを通すピンポイントフリーキックが見事決まり、その後谷口の得点に見えるジュニの点で逆点し2−1と勝利しました。

 ただ、今回は欧州で良く行われるアウェーゴール2倍方式で、1点取られているので1−0で負けたら名古屋の勝ちになります。まあ引き分けでも良いので川崎の圧倒的有利は変わらないですが、勝って西に飛んでほしいですね。

今月唯一の観戦となる税理士の長谷川晃一 

 

 

| 川崎フロンターレ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ガーナ戦
 TVでガーナ戦がやっていたので見ました。スタジアムは藤田俊哉が半年だけいたユトレヒトのスタジアムのようでした。

 中村憲剛選手が反撃の1点を皮切りに4−3と逆転しました。ガーナもオランダ同様ベストメンバーでワールドカップ出場を決めている強国なので良い経験になったのでは。

 見ていておもったのは、守備の老齢化というかスピード不足ですね。追いつけないのに前にでるなよって感じですね。特に良く怪我する人のほうの人。

川島選手が出れないのは残念でした。

 ところでヨーロッパはワールドカップ予選の最中のようですが、自分の好きなポルトガルがほぼ絶望という淵目に立っています。非常に残念です。ルイス・フェリペ・スコラーリからカルロス・ケイロスという共に日本に縁のある監督に引き継いだわけですが、明暗がくっきり分かれてしまいました。前回はベスト4ですからね。

川崎の試合は最近あまり見ていないのですが、ナビスコが決勝進出したので楽しみです。株主なのですが今日チケット引き換えのはがきが送られてきました。ラッキー

最近あまりスタジアムに行っていない税理士の長谷川晃一 
| 川崎フロンターレ | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/4PAGES
  • >>